三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私のしごと」作文コンクール第10回大会記念の夕べ

<<   作成日時 : 2014/11/04 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「私のしごと」作文コンクール表彰式が終わったあと、第10回大会記念の夕べがアルカディア市ヶ谷で開かれました。

画像


はじめにNPO法人仕事への架け橋理事長のトニータナカさんが主催者挨拶をして「夕べ」が始まりました。
審査員に対する感謝状の贈呈、来賓祝辞のあと、「KAWAII大使」の紹介があり、会場は華やかな雰囲気になりました。

画像
トニータナカさん
画像

画像


乾杯のあと、陸前高田市観光物産協会副会長の實吉義正さんが「陸前高田の”今”を語る」と題して、東日本大震災から3年半が経った陸前高田の、依然として復興への道のりが遠い現状をスピーチしました。そして、今年も受けられた陸前高田市長賞の贈呈が行われ、實吉さんより、稲葉莉帆さん(近畿大学附属新宮高校)に賞状が贈られました。

次いで過去の大会で上位入賞した中から会場にきてくださった4人にインタビューが行われ、現在の心境をそれぞれが語りました。
・畠山正徳さん(第3回大会Job大賞、岩手県立花北青雲高校出身)
・本橋りのさん(第6回退会全国高等学校長協会会長賞、早稲田実業学校高等部出身)
・相澤和久さん(第7回大会文部科学大臣賞、宮城県農業高校出身)
・増子光希さん(第7回大会専門学校新聞社賞、福島県立郡山高校出身)

画像


なかでも地元での和牛の一貫飼育をしていきたいと作文に綴っていた畠山さんは現在、家族とともに畠山牧場で「岩手しわもちもち牛」の飼育に励んでいて、『週刊新潮』2014年10月23日号にその様子が紹介されています。

最後に、福島県いわき市で開催された第4回フラガールズ甲子園で最高賞(文部科学大臣賞)を獲得した日本芸術高等学園のフラダンス部の生徒たちが、見事なフラダンスを披露して、大きな拍手が送られました。

画像

画像


専門学校新聞社代表取締役の西島芳男さんより謝辞があり、夕べはお開きとなりました。

画像
西島芳男さん

私も感謝状をいただきましたが、今後ともこの作文コンクールの発展に尽くしていきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私のしごと」作文コンクール第10回大会記念の夕べ 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる