三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸の内イルミネーション2014

<<   作成日時 : 2014/11/17 07:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大手町と有楽町を結ぶ約1.2Kmの丸の内仲通りの街路樹に、丸の内オリジナルカラーの「ジャパンゴールド」色のLED約106万球が光り輝く「丸の内イルミネーション2014」が11月13日から始まりました。

息子夫婦からは、東京・銀座の「ミキモト」本店前のクリスマスツリーの点灯式が15日にあるので、行ってみたいという話がありました。本店ビルが立て替えとなるため、今年で見納めになるということでしたが、孫娘にはDisney TIMELESS STORYのイベントが行われている丸の内の方が喜ぶのでは、という妻の提案で、丸の内のイルミネーションを見てきました。

運よく丸ビル地下の駐車場に車を止めることができました。駐車場の係員の女性が幼児がいるということで、エレベーター近くの場所を案内してくれて、息子夫婦も感激していました。

丸ビルは「きらめく、雪と氷のストーリー」がテーマ。1階のマルキューブ会場では「アナと雪の女王」をもとに「氷のお城」を再現したイルミネーションがあり、4歳になる孫娘は目を輝かせていました。
定時には主題歌「Let It Go」の曲とともにライトアップも変化します。

画像

画像

画像


新丸ビルは「心に輝きをともす、ロマンチックストーリー」がテーマ。3階のアトリウムでは、「塔の上のラプンツェル」の有名なシーンが再現されていました。
1歳になる孫は、その隣にあるクリスマスツリーの電球がきらきらしているのを見て、「キラキラ」と片言でいいながら、眺めていました。

画像

画像


仲通りの街路樹のイルミネーションを眺めながら三菱一号館美術館方面へ向かいました。所々の街路樹前で人だかりができていて、写真を撮っています。よく見るとミッキーのかたちをした電球がありました。パパに「ミッキーがあるよ」と言われても、孫娘はなかにか見つけられなかったのですが、パパに肩車をしてもらってようやく見つけて、「ミッキーだ」と喜んでいました。

画像

画像


丸の内ブリックスクエアは「ちょっとふしぎな、ファンタジーストーリー」がテーマ。ブリックスクエアから三菱一号館側に抜けると「不思議の国のアリス」がモチーフのクリスマスツリーがありました。ツリーには影絵のようなかたちでキャラクターが描かれています。孫娘はバギーに乗り、妻に引いてもらいながら、ツリーを1周してきました。

画像


丸ビルに戻る途中、マイプラザで「TriomeT」によるヴァイオリン・チェロ・ピアノのコンサートが行われていたので、しばらく演奏を聴きました。孫娘は生の演奏をじっとして聴いていました。

画像

画像


丸ビルでは5階のイタリアン「Essenza(エッセンツァ)」で夕食をとり、帰途につきました。

画像


思いがけない外出でしたが、一足早くクリスマスを味わい、孫たちと楽しいひとときを過ごすことができました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸の内イルミネーション2014 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる