三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 上高地への旅1 松本市美術館

<<   作成日時 : 2014/10/02 11:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

9月28日から上高地へ妻と2泊3日の旅をしてきました。子どもたちを連れて行ったのが25年前、そして新婚旅行で行ったのが39年前になりますが、それ以来の上高地になります。

上高地へのバスの出発まで約2時間半の時間があったので、松本市美術館に立ち寄りました。
美術館の建物の前には、草間彌生の巨大なチューリップ「幻の華」が展示されていて、目を引きました。

画像

画像


田口弘さんが収集したタグチ・アートコレクションを展示した「たぐ展」の最終日でした。現代アートの展示ですが、松本市の小学生が選んだ作品展示「美術の街松本!!子どもが選ぶ作品展」と美術館が選んだ「げいじゅつだらけ」で構成されていました。

画像

画像

画像


たぐ展を見たあとは、松本出身の草間彌生の常設展を見学、1時間ほど現代アートを楽しみました。

美術館をあとにし、昼食は信州そばを食べたいと思い、美術館近くのそば屋「浅田」へ。すでに何人か並んでいましたが、12、3分待って店内に入ることができました。座敷の席に案内され、メニューを見ると、ざる、十割そば、きのこそばの3つという堅気なお店でした。

画像

画像

画像


私は十割そばを注文しましたが、コシが強くよくかむほどそばの甘みを味わうことができ、辛味大根をつけて食べるのも味に変化が出て、おいしくいただけました。

松本駅からバスで上高地へ直行。約1時間30分で到着。
宿泊するルミエスタホテルへ行く途中、田代橋から眺める穂高連峰の岩肌の間は紅葉していてきれいでした。穂高橋を渡り、梓川べりに出.ると、六百山・霞沢岳の山肌が紅葉に覆われていて、まだ紅葉は早いのでないかと思っていたので、そのすばらしい眺めを見ることができて感激でした。

画像

画像

画像
上高地ルミエスタホテル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上高地への旅1 松本市美術館 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる