三鷹の一日

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別公開 建仁寺両足院

<<   作成日時 : 2014/08/20 07:57   >>

トラックバック 1 / コメント 0

第39回「今日の夏の旅」文化財特別公開の1つ、建仁寺両足院。
鴨川は雨のため水かさも増し、茶色く濁った流れになっていましたが、建仁寺に着くと雨は上がっていました。

画像
建仁寺

方丈でガイドさんから、建仁寺や両足院の由緒、方丈襖絵の説明がありました。
襖絵は、道釈画家・七類堂天𧮾(しちるいどうてんけい)が描いたもので、平成26年に建仁寺開山・栄西禅師の800年大遠諱を迎えるにあたり、釈迦をはじめ、禅を伝えた栄西、両足院開山などの人物を描いた水墨画で、完成記念として初公開されたものです。部屋にはその一部16面が公開されていました。
また、如拙の筆と言われる、孔子・釈迦・老子が寄り添う姿を描いた「三教図」(重要文化財)も公開されていました。

画像


方丈、書院の座敷から眺められる緑豊かな池泉式庭園。
ガイドさんによれば、初夏の時期には、鶴の羽を広げた形の池の周りには半夏生の白と緑のコントラストで美しく覆われるとのことでしたが、いまはその面影もありませんでした。

画像

画像
両足院庭園

画像
鴨川四条大橋付近

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
坐像と胎内仏、70年ぶり帰ってきた
建仁寺塔頭・霊源院で、寺宝の中巌円月坐像と胎内仏の毘沙門天立像が、約70年ぶりに保管先の京都国立博物館から戻った。10日から3月18日まで一般公開される。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2015/01/12 08:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別公開 建仁寺両足院 三鷹の一日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる